上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪崩
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
雪崩(なだれ)とは、斜面上に降り積もった雪が重力の作用により、早い速度で移動する自然現象である。雪の層がすべり落ちること。

目次 [非表示]
1 雪崩の種類
2 雪崩の種類と原因
2.1 表層雪崩
2.2 全層雪崩
3 雪崩の起きやすい条件
4 雪崩に遭った場合の対処法
5 雪崩による大きな災害
6 雪崩の利用と人為的な雪崩
7 外部リンク
8 参考文献



[編集]
雪崩の種類
雪崩の始動の仕方によって点発生/面発生、積雪のどの範囲が雪崩れたかによって表層/全層、積雪の湿り気により乾雪/湿雪、雪崩の形態により煙型/流れ型/複合型、などに分類でき、これらを組み合わせて表現する。 これらとは別に懸垂氷河などの崩壊に伴う氷雪崩や雪庇の崩落によるブロック雪崩なども存在する。

良く登山者やスキーヤーが遭遇するものには点発生表層雪崩(スラフ)、面発生表層雪崩(スラブ)があるが、特に広範囲で一斉に雪崩が発生する面発生表層雪崩は危険度が高い。

大規模な煙型乾雪表層雪崩のことを黒部地方ではホウと呼んでいる。

[編集]
雪崩の種類と原因
[編集]
表層雪崩
雪崩の原因のほとんどは、雪の中にある弱い層(弱層(じゃくそう)と呼ばれる)の上に積もった雪(表層)が崩れることによることが多い。これを表層雪崩と呼ぶ。登山者の登下山や山スキーヤーの滑走などの刺激を受けて、弱層が破壊され弱層の上に載っている雪が崩落することが多い。

[編集]
全層雪崩
表層雪崩と違い、積雪(全層)全体と、積雪最下層に接した土砂が滑り落ちる雪崩。 全層雪崩が発生した箇所は、植物が雪崩の起こった方向になぎ倒されていたり、 雪崩によって運ばれた土砂が雪崩先端部に堆積しているため、比較的予測や発見が 容易である。

[編集]
雪崩の起きやすい条件
雪崩の発生条件は様々で、単純な一般化は難しい。

厳冬期、急激な気温の変化は、積雪内部に大きな温度差を生じさせる。これは「しもざらめ雪」と呼ばれる弱層が形成されることが多い。また、一度に大量の降雪があると、弱層の上に積もる雪に荷重が増す。 急な斜面の場合、弱層は支持力を失いやすくなり、雪崩が発生する危険も非常に高くなる。

このように、気象や気温の変化などに注意することはもちろんのことだが、大きな雪崩の約9割は、35から45度の急斜面で発生していることも見逃せない。また、樹林帯のなかに一部分だけ樹木の生えていない斜面があったら、そこは雪崩が頻繁に起こっていると考えて差し支えない。 そのほか、雪庇や障害物のない広大な斜面、沢筋などにも注意が必要だろう。

なお、映画などに出てくる「大きな声を出したら雪崩に遭う」ということはない。

[編集]
雪崩に遭った場合の対処法
俗説として、雪崩の表面付近に浮かび上がれるように泳げとも言われるが、これは雪崩の規模によりけりで、比較的小規模の流れ型雪崩の場合は有効であるが、ある程度以上の規模の場合はそのような行為を行う余裕はまったくないと考えられる。 基本的に大規模な雪崩に巻き込まれた場合に助かる手段は皆無と考えられ、雪崩危険地帯で行動する場合は、予測される雪崩の規模を見極めることが非常に重要である。

山スキーなどの場合、ストック、ザック、スキーなどは雪崩に巻き込まれたときに雪の中に引き込まれる要因となるため、即座にはずせるように準備しておくことが重要とされている。ただし、最近ではザックを装備している方が体積が大きくなるため浮力が増すと考えられている。

電波発信機(ビーコン、アバランチトランシーバー)やゾンデ(プローブ)、ショベルなどのレスキュー装備を準備することは雪崩危険地帯での行動においては現在常識とされているが、電波発信機の装備による生存率は無い場合の三倍程度とされている。 比較的小規模(埋没者が生存しているうちに救助できる程度の規模)ではあるが、完全に埋没してしまう程度の規模(完全埋没していない場合は自力で脱出が可能だったり、そもそもビーコンなしでも捜索可能)で、雪崩に巻き込まれたときの外傷で死に至ることがないようなケースにおいては有効に働くという程度に認識しておくべきであろう。 ただし、当然、埋没者以外に救助を行う人間が残っていることが前提となる。

雪崩に巻き込まれた場合、

外傷
窒息
低体温
と言った原因で死が訪れる。

雪崩に埋没してから15分程度で急速に生存率が下がるが、これは呼吸空間が確保できたかどうかの差が大きい。 呼吸空間が確保された場合も、長時間経過すると、呼気により雪が凍り呼吸が出来なくなるアイスマスク現象や、雪に体温を奪われる事による低体温などで徐々に生存率が下がっていく。

多少でも生存の可能性を信じるならば、可能な限り迅速な救助が望ましく、遭難パーティーによるセルフレスキュー以外には生存者の救出は不可能と考え、救助隊による捜索は遺体捜索であると考えるべきである。

救助活動による二次遭難の危険が高い場合は、生存者の生命を危険にさらすべきではないが、心情的に割り切れるかどうかは難しいところであろう。

[編集]
雪崩による大きな災害
雪崩の発生は数多いが、そこに建築物か人の通行がなければ被害はおきない。日本の雪崩被害発生件数は通常年間10以下である。2003年には件数5、家屋被害3、死者1、負傷者4があった。

1938年 富山県黒部峡谷志合谷で雪崩が発生。黒部第三ダム建設現場の宿舎(鉄筋コンクリート5階建て)が500m以上も吹き飛び埋没。死者84名。
1986年1月26日 新潟県能生町(現糸魚川市)柵口(ませぐち)で雪崩が発生、集落を押し流す。死者13人、重軽傷者9人、家屋全半壊13戸。
1995年1月4日 長野県中央アルプス駒ヶ岳の千畳敷カール付近で、登山客6人が雪崩に巻き込まれ全員死亡。
2000年3月27日 岐阜県上宝村(現高山市上宝町)左俣谷で雪崩が発生。建設現場で除雪作業をしていた作業員が巻き込まれる。死者2名。
[編集]
雪崩の利用と人為的な雪崩
第一次世界大戦当時、イタリア陸軍は冬のアルプス山脈を超えて進軍してくるオーストリア軍を迎え撃つにあたってオーストリア軍が尾根を超えて下りに入ったところで背後を狙って砲撃し着弾時の衝撃で雪崩を起こしこれに巻き込んで敵を生き埋めにする作戦をとった。現在、イタリアではこの時の経験が生かされこの縮小版として携帯式の小型火器を利用して雪崩の起き易い場所に定期的に撃ち込んで人為的に小さな雪崩を発生させ大きな雪崩を防いでいる。
スポンサーサイト
--- ひめっちのさんぽみち ---

ひめっちのさんぽみちはペットリンクを受け取りました。
ひめっちさん家のミルク(ハモペット) * URL [編集] 【 2006/01/07 22:50 】
--- Noble Barbarian ---

Noble Barbarianはペットリンクを受け取りました。
korosukeさん家のころすけ(ハモペット) * URL [編集] 【 2006/01/08 00:03 】
--- 看護師の資格・求人・転職 ---

看護師の検索サイト。第97回看護師国家試験、募集、認定看護師、准看護師、合格発表など看護師に関する各種情報をお届けしています。 http://fattening.hartmerrell.com/
* URL [編集] 【 2008/11/30 04:45 】














管理者にだけ表示を許可する

フロアで踊る現役ギャルをマヂナンパ!→8P!!響き渡るトランスに紛れギャルの喘ぎ声が響き渡る!トイレで3人のチ○コで変わるがわる突きまくられイキまくるど淫乱ギャル!ブラックライトに照らされながら腰をフリフリ!もう止まらない乱交パーティー!ギャル達はどこまで ギャル男【 2006/01/07 18:53 】
リリがペットリンクを運んでくれました。 しげっちのネットビジネスやってみよう!【 2006/01/08 13:02 】
| ホーム |
Copyright © 花の花. all rights reserved.
チラシ印刷 デザインbyはなまるプリント
topへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。